神様の御心を実践する方法

神様の御心とは何か?中心者のraptさんが教えてくれました。since:2017/04/10

悪魔から自分を守奥義中の奥義

信仰を持って

約5ヶ月

 

霊的には

赤ちゃん

 

自分では

何一つ出来ない

 

祈れば眠るし

自分で何を祈っているのか

分からない?

 

そんな状況でも

少しずつ変わりました

 

raptさんからの教えを

忠実に行うように心がけています。

 

神様に祈りながら

霊的に成長します。

 

RAPT | RAPT有料記事52 (2016年3月21日)悪がはびこる世の中で自分を守る生き方。

つい先日、神道の世界では「神(キリスト)」と「悪魔」の両方を神として拝んでいるということが分かりました。

しかし、先日もお話しましたように、「善」と「悪」がごちゃ混ぜになれば、「善」は自然消滅しますので、「悪」が勝利し、「神様」ではなく、「悪魔」がこの世を治めるようになってしまいます。

そして当然、「悪魔」は自らが神となってこの世界を治めたいと思っているので、「悪魔」を拝む者たちに力を貸し、助けます。

そのため、「悪魔」を拝んでいた人々は、やはり「悪魔」には凄い力があると思って、ますます「悪魔」を信じ、拝むようになります。

スピリチャル系の世界はそのようにして今日まで成り立ってきたと言えるでしょう。

そんな有様を見て、「神様」を信じる人たちや「善良」な人たちは、神様がこの世に存在しているなら、どうして神様は早く悪魔を滅ぼし、悪人を裁いてくださらないのだろうと思って、やきもきすることもあるでしょう。

ときに絶望しそうになることもあるはずです。

しかし、この世にどんなに悪がはびこり、どんなに数多くの人たちが「悪魔」に惑わされ、「悪魔」の後についていったとしても、自分自身がきちんと「神様」だけを見て、「神様」に祈り、「神様」の言葉に従って「善」を行って生きていくなら、「悪魔」に惑わされ、「悪人」たちと一緒に滅亡の道を行くことはありません。

自分自身がどう生きるかで、自分を守ることも滅ぼすこともできるのです。

誰が何と言おうと、「神様」の方が「悪魔」よりも圧倒的に強いからです。

それは行った人だけが分かる奥義中の奥義とも言えるでしょう。

 RAPT | RAPT有料記事52 (2016年3月21日)悪がはびこる世の中で自分を守る生き方。

raptさんのブログより