神様の御心を実践する方法

神様の御心とは何か?中心者のraptさんが教えてくれました。since:2017/04/10

善と悪を裂かれる神様の働き

神様は人間を救う為に

善と悪に裂かれる

 

善と悪は同居できない

 

悪に染まっていては

サタンの誘惑に負けてしまう

 

RAPT | RAPT有料記事51 (2016年3月19日)善と悪を裂かれる神様の働き。

昨日の一般の記事で、悪魔どもは「善」と「悪」を常にごちゃ混ぜにしたがっているという話が出てきました。

その一方、神様は必ず「善」と「悪」を裂こうとします。「善」と「悪」がごちゃ混ぜになると、「善」が自然消滅することを知っているからです。

これについては、有料記事をずっと読んでこられた方なら、既に重々お分かりになっていることだと思います。

しかし、いくら神様が「善」と「悪」を裂いたとしても、私たち人間がきちんと「善」と「悪」を見分けて区分し、自分の中にある「善」と「悪」、ひいてはこの世の「善」と「悪」とをきちんと裂かなければ、いずれ自分が「悪」に飲み込まれ、神様を見失い、救いを見失い、信仰を失います。

ひいては、「悪人」から極度の害を受けることにもなりかねません。

昨日も書きましたように、彼ら「悪人」は教会の中にまで入り込んで、信者の振りをして大金を巻き上げたり、人々の信仰を破壊したりします。

「悪」とはそのように常になりふり構わず、「善」の側に危害を及ぼすものなのです。

しかも、悲しいことに、心の純粋な人ほど「悪」の世界を知らず、「悪」がどれほど恐ろしいものであるのか知らないため、その無知のせいで「悪」からより甚大な被害を受ける可能性があります。

そうして、後になって激しく慟哭するハメになるわけです。

そして、もちろん悪魔も敢えてそのような心の純粋な人、無知な人を標的にするわけです。

今月の初めにも「悪」を滅ぼす祈りについて徹底的にお話をしましたが、今回はこれまでの復習も兼ねて、神様が「善」と「悪」をどのように裂くのか、そして我々人間が「善」と「悪」をどのように裂くべきなのか、どのように「悪」を滅ぼしていくべきなのか、について改めてお話しています。

 RAPT | RAPT有料記事51 (2016年3月19日)善と悪を裂かれる神様の働き。

 raptさんのブログより