神様の御心を実践する方法

神様の御心とは何か?中心者のraptさんが教えてくれました。since:2017/04/10

預言者ダニエルが予言した終わりの時とは?

神様が裁く前に、

何度も何度も警告する。

 

さまざまな現象を起こし

神様は導く

 

悟れる者は幸いである。

 

 RAPT | RAPT有料記事34(2016年1月14日 )預言者ダニエルが予言した終わりの時とは?

今回の有料記事は、前回の対談の続きで「時」に関するもので、旧約聖書に登場する預言者ダニエルが予言した「終わりの時」についてお話しています。

旧約聖書には以下のような聖句があります。

----------------

わたしは、かの亜麻布を着て川の水の上にいる人にむかって言った、「この異常なできごとは、いつになって終るでしょうか」と。

かの亜麻布を着て、川の水の上にいた人が、天に向かって、その右の手と左の手をあげ、永遠に生ける者をさして誓い、それは、ひと時とふた時と半時である。

聖なる民を打ち砕く力が消え去る時に、これらの事はみな成就するだろうと言うのを、わたしは聞いた。

わたしはこれを聞いたけれども悟れなかった。わたしは言った、「わが主よ、これらの事の結末はどんなでしょうか」。

彼は言った、「ダニエルよ、あなたの道を行きなさい。この言葉は終りの時まで秘し、かつ封じておかれます。

多くの者は、自分を清め、自分を白くし、かつ練られるでしょう。しかし、悪い者は悪い事をおこない、ひとりも悟ることはないが、賢い者は悟るでしょう。

常供の燔祭が取り除かれ、荒す憎むべきものが立てられる時から、千二百九十日が定められている。

待っていて千三百三十五日に至る者はさいわいです。

しかし、終りまであなたの道を行きなさい。あなたは休みに入り、定められた日の終りに立って、あなたの分を受けるでしょう」。

〈ダニエル書12章6〜13節〉

----------------

前回の有料記事では、神様がそれぞれの人間の人生に定めておいた「時」についてお話しましたが、今回はこの聖句を解釈しながら、より世界的なスケールで神様の定めた「時」について解き明かしていきたいと思います。

RAPT | RAPT有料記事34(2016年1月14日 )預言者ダニエルが予言した終わりの時とは?

raptさんのブログより