神様の御心を実践する方法

神様の御心とは何か?中心者のraptさんが教えてくれました。since:2017/04/10

光の天使を装ったサタンの手口

人間が神様を知らないことを利用して

サタンは、さまざまな手口で誘惑します。

 

神様の御言葉を伝えないように

邪魔をします。

 

だから、逆に、サタンが嫌がることを

とことんやります。

全世界に、神様の御言葉を広めます。

インターネットを使って、

全人類に神様の御言葉を伝えます。

 

これから、1000年以上、語り継がれる、

神様の御言葉を広めます。

 

RAPT | RAPT有料記事47(2016年3月5日)サタンを完全に始末する方法。

サタンが「悪」を「善」だと言って、私たち人間を「悪」の道に導くことは周知の事実です。

逆に、サタンが「善」を「悪」だと言って、私たちが「善」を行っているにもかかわらず、それを「悪」だと言って責め、罪悪感を抱かせ、二度とその「善」を行えないようにすることもあります。

例えば、つい最近、このようなことがありました。

ある教会の牧師と名乗る人が、急に私のところに連絡してきて、「お金をもらって神様の言葉を伝えるなんてとんでもないことだ。神様の前で罪だ。今すぐやめなさい」と言ってきました。

しかし、私はその言葉を聞いて、すぐにその話が「サタン」の言葉であることが分かりました。

なぜなら、その牧師自身、信者たちに神様の言葉を伝えながら、その信者たちから献金をもらって生活しているからです。

なので、もし私がやっていることが「悪」ならば、その牧師も今すぐ牧師という職業をやめなければなりません。

ここに一つの大きな矛盾があります。

そしてもう一つ。

私が「それなら、この有料記事を無料にして、誰でも読めるようにしましょうか」と言うと、急に口ごもって「それもまずい」と言ってきました。

さゆふらっとのように迫害する者がまた現れるかもしれないから、ということが言いたかったのでしょうが、それなら「有料」だろうと「無料」だろうと、どちらも御言葉を伝えてはいけない、ということになります。

しかし、神様が御言葉を伝えることを禁じることは絶対にあり得ません。神様がそれを罪とし、禁じることは未来永劫、絶対にありません。

もし御言葉を伝えることを悪だと言い、罪だと言って禁じるなら、それは「サタン」です。

ですから、一発でこの牧師が「光の天使を装ったサタン」であることが分かりました。

このように、例え相手が牧師だろうと何だろうと、その人の言う言葉をむやみやたらと信じてはいけません。

その人の肩書が何であれ、どんな善良そうな人であれ、その人の言葉が本当に神様から出たものなのか、サタンから出たものなのか、人間から出たものなのか、きちんと分別しなければならないのです。

そして、サタンが自分に近づいてきたと分かれば、直ちにそのサタンを始末しなければなりません。

特に今はサタンが凶暴に暴れまくっていますので、どうやってそのサタンどもを始末すればいいのか、今回はその方法を具体的にお話しています。

RAPT | RAPT有料記事47(2016年3月5日)サタンを完全に始末する方法。

raptさんのブログより