神様の御心を実践する方法

神様の御心とは何か?中心者のraptさんが教えてくれました。since:2017/04/10

神様が願う道を選ぶ方法 天の奥義

神様が願う道は、

一人一人違う。

 

神様が願う道ではない道を選んだなら、

苦労しなくてもいい苦労をすることになる。

 

あなたが間違った道を選んでも

止めることはしない。

 

何故?止めないのか。

 

神様が願う道を選ぶなら

あなたは永遠の祝福を受ける。

 

神様が願う道を

必ず選ぶことができる方法があります。

 

その天の奥義を知って下さい。

RAPT | RAPT有料記事134(2017年1月2日)あなたたちは私が最高に願う道を選択することができるのか。

神様は「今年から霧が晴れたように楽になるだろう」と前もって私に話して下さっていましたが、実際、今年に入ってから、私の周囲では明らかに霊界がすっきりとしてきました。

多くの人々が初詣をする正月は、いつもより霊界がどんよりとしているものですが、なぜか今年のお正月はとても霊界が澄み渡っている感じがします。

朝のお祈り会に参加している人たちの多くも、新年が明けてから急に霊界がクリアになり、深くお祈りしやすくなったと話していました。

しかも私は今朝、三人の悪人どもと戦い、そのうちの二人を金槌で粉々に打ち砕く夢を見ました。

残り一人の悪人は、「命だけは助けてくれ」と私に泣いてすがりついてきたので、殺すことはしませんでしたが、私がその人の頭を金槌で軽く叩いてヒビを入れ、二度と悪さができないようにしておきました。

今年がどのような年になるのか、神様がこうして夢を通して私に見せてくださったのかも知れません。

しかも、今から考えると、この三人は「秦氏・出雲・月派」を表していたのではないか、という気がします。

そして、そのうちの二人は完全に滅亡し、そのうちの一人は致命傷までは負わなかったけれども、もう二度と悪事が働けなくなる、ということかも知れません。

そして、致命傷を負った二人の悪人はとてつもなく強靭な人物という感じでしたが、致命傷を負わなかった最後の一人は、とても弱々しい感じの人物でした。

だからこそ私と戦うことを回避し、私に「助けてくれ」とすがりついてきたわけです。

今回の御言葉は、昨年の12月26日から28日に受けた啓示で、今年がどのような年になるのか、神様があらかじめ教えてくださったものになりますが、実はこの啓示の中でも、この夢と全く同じようなことを神様が話して下さっています。

そのため、私は今朝の夢を見て、ますますこの啓示の通りの年になるのだということを強く確信しました。

また今回は、人間に与えられた自由意志について、神様が今まで以上に詳しく話してくださいました。

神様は私たち人間に自由意志を与えられましたが、神様はその人間の自由意志に直接タッチすることはしません。

ですから、人間がその自由意志を使って、どんな道を選んだとしても、神様は決してそれを止めることはしません。

例えその人が最善ではない道を選んだとしても、滅亡の道を選んだとしても、神様は決してそれを止めることはしません。

ただし、その人がある条件をきちんと立ててさえいれば、神様はそれを止めてくださる、ということをはっきりと教えて下さいました。

なので、今回の御言葉は、皆さんがこれから様々な将来の道を選択する上で、とても重要な御言葉になると思います。

皆さんがこの御言葉を聞いてはっきりと悟り、この御言葉通りに従って、霊肉ともに最高に栄える道を選択することを願います。

RAPT | RAPT有料記事134(2017年1月2日)あなたたちは私が最高に願う道を選択することができるのか。

raptさんのブログより