神様の御心を実践する方法

神様の御心とは何か?中心者のraptさんが教えてくれました。since:2017/04/10

明治維新の真実 rapt理論

明治維新の真実が

ようやくrapt理論で解き明かされました。

 

学校の歴史では

絶対に教えてくらない。

また、教えたくないないようですね。

 

学校教育も

サタンが支配しているので

真実を隠しています。

 

ようやく、神様の国が近くなって

真実があきららかになりました❗

 

RAPT | 「明治維新」は北朝から南朝へのすり替えではなく、北朝の国造りのための基礎固めだった可能性大。

ついにRAPT理論がある一定の完成を見せるようになったわけですが、これでこのブログが終わったというわけではありません。

むしろ一つの土台が完成しただけなので、これからはその土台の上にきちんとした建物を建てていかなければなりません。

なので、今日はまずその手始めとして、「明治維新」が起きた本当の理由について、改めて再考してみたいと思います。

昭和天皇」の妻・香淳皇后が「出雲族」であったということは、先週の記事ですでに提示しました。その記事が以下になります。

○現在の皇室が「北朝=出雲族」であるという確固たる証拠。今や日本も世界も「出雲族」によって支配されつつあります。

しかし、この記事を書いた時点では、「昭和天皇」自身が「大和族」なのか「出雲族」なのかがまだよく分かりませんでした。

一応、明治維新の際に「南朝」の血を引いた「大室寅之祐」が天皇になったわけですから、普通に考えれば、その孫である「昭和天皇」も「南朝」ということになりますが、現実問題として、天皇家がみんな一つの血でつながっているのかどうかは非常に怪しいところです。

実際、こんなことが書かれてある記事もありました。

 RAPT | 「明治維新」は北朝から南朝へのすり替えではなく、北朝の国造りのための基礎固めだった可能性大。

raptさんのブログより