神様の御心を実践する方法

神様の御心とは何か?中心者のraptさんが教えてくれました。since:2017/04/10

自分の足りなさを認めて神様にすがりつく者こそ、この世の誰よりも高められる

2016年末には、

神様は、観念的な信仰では

いずれその信仰は破綻すると

おっしゃいました。

 

ただ御言葉を聞いてるだけでは

神様は喜びません。

神様の御言葉を実践する者に

永遠の祝福を与えます。

 RAPT | RAPT有料記事133(2016年12月31日)自分の足りなさを認めて神様にすがりつく者こそ、この世の誰よりも高められる。

皆さんが様々な艱難苦難を耐え忍び、こうしてしっかりと信仰を守り通したことを神様もきっとお喜びになっていることでしょう。

特に今年は、二心を捨てるようにと、神様が我々に何度も仰ってくださいました。

ある意味、今年のテーマは「二心を捨てて、一筋の心で神様を愛すること」だったと言っても過言ではないと思います。

そして、この御言葉を忠実に従ってきた人にとって、今年一年は祝福に満ちた年だったに違いありませし、来年はさらに飛躍する年となるはずです。

また、今回の有料記事では、来年2017年のテーマを神様が私たちに宣布してくださいました。

そのテーマとは、タイトルにも書きました通り、ズバリ「自分の足りなさを認めて、神様にすがりつくこと」です。

これもまた二心を捨てることと同様、信仰の基本です。

そして、この信仰の基本をしっかりと守り通すなら、その人はこの世のどんな人よりも大きく成長し、大きく栄えることができるでしょう。

この世の中では、偉大な人物であるほど強い自尊心を持っているものですが、神様の世界では、偉大な人物であるほど謙遜で、自分の足りなさを認めているものです。

心から謙遜であってこそ、神様はその人を誰よりも高く引き上げてくださるからです。

では、どうして神様がそのようになさるのか、今回はその理由や原理(法則)をとても具体的にお話してくださいました。

この御言葉を聞いて深く悟ることで、来年一年間、皆さんが輝しく勝利し、大きく活躍して、限りなく高められることを願います。

RAPT | RAPT有料記事133(2016年12月31日)自分の足りなさを認めて神様にすがりつく者こそ、この世の誰よりも高められる。