神様の御心を実践する方法

神様の御心とは何か?中心者のraptさんが教えてくれました。since:2017/04/10

我々人間は神様の前では余りにも足りないことだらけだからです

神様の存在を知れば知るほど

人間の足らなさを自覚します。

 

広大な宇宙の存在

ハワイにある

すばる展望台から宇宙を観ていたい。

 

ミクロの世界も精密に出来ている。

知れば知るほど感心する。

 

どうやってこんな事が

出来るのか?不思議だ。

 

自分の存在が

余りにも小さい。

 

しかし、

そんな罪深い人間を許し

神様は導いてこられた。

 

この願いに答えるのが

当たり前のこと

 

まずは、

足らなさを自覚することから

スタート

 RAPT | RAPT有料記事53 (2016年3月26日)自分の足りなさをどれだけ認められるか。

日本人というのは、基本的に「お利口さん」でいなければならないという考えが染みついています。

特に会社で働いているサラリーマン、OLの方たちは、自分ができないところを人前で見せてしまうとクビにされるかも知れない、という恐怖と毎日のように戦って生きていますので、自分の弱みを見せてはいけないという考えが心に深く染みついています。

もっとも、会社の中ではそのような考えを持っていても、それなりに生きていけるでしょう。

しかし、神様の前でそんな考えをもって信仰生活をしていたら、いずれ辛く苦しくなって、その信仰が破綻してしまいます。

なぜなら、我々人間は神様の前では余りにも足りないことだらけだからです。

そして、神様もそのことをご存知なので、皆さんが足りないからといって、即座に責め、裁くようなことはなさいません。

むしろ、自分の足りないところを素直に認めて、その足りないところを純粋に補うように祈り求め、努力し、もがいている人を愛らしく思い、貴重に思い、大切に育ててくださいます。

今回は久しぶりに対談形式になりますが、今回の対談を聞いていただけば、それを深く理解していただけるのではないかと思います。

RAPT | RAPT有料記事53 (2016年3月26日)自分の足りなさをどれだけ認められるか。

raptさんのブログより