神様の御心を実践する方法

神様の御心とは何か?中心者のraptさんが教えてくれました。since:2017/04/10

あなたが生まれてきた目的

神様を知らないで生きていた時は、

何故?生まれてきたのかが分からなかった?

ただ自分勝ってな欲望を満たす為、

サタンに誘惑されてサタンに洗脳されていた。

 

しかし、raptさんのブログに出会い、

rapt理論を知り、有料記事で

神様の御心を知ってからは、

この世に生まれてきた目的が

明確に分かりました。

 

自分の罪を悔い改め

神様の御心を実感だけです。

 

raptさんのブログより

RAPT | RAPT有料記事150(2017年2月27日)あなたたちが聖書の預言を実現する人たちだ。善と悪をしっかりと裂きなさい。

今回の有料記事は、大きく三つの内容に分かれています。

まず、一つ目はこれからの千年王国において、全人類が救われるようになるために、我々義人が行なわなければならないことについて。

二つ目は、人によく見せるために義を行ってはいけないということ。

三つ目は、「麻生太郎」などの悪人の滅亡を心から祈ることについて。

私に対して、未だに「悪人の滅びを祈ってはいけない」「悪人を許さなければならない」と愚にも付かないコメントやメールを送ってくる人がいます。

しかし、いくら私にそんなことを言っても、私は決して騙されません。

悪人の滅びを祈って嫌がるのは悪人だけだからです。

しかし義人は、悪人の滅びを心の底から願うしかありません。

真の義人は、悪人から悪の影響を受けたくないし、悪人の悪によってこれ以上、様々な苦しみや災いを受けたくはないからです。

また、未だに「呪い」と「裁き」を同じように考えている愚かな人がいるようですが、「裁き」と「呪い」は全く違います。

これについては、次回の記事で詳しくお話する予定ですが、今ここで簡単にこの違いを言っておきます。

「呪い」とは義人であろうと悪人であろうと、自分の憎む人が不幸になるように懇願することを言います。

一方、「裁き」とはその人の行った悪に応じて、その報いを受けることを言います。

我々義人がやるべきことは「呪い」ではなく「裁き」を祈ることです。

そして、この「呪い」と「裁き」の違いをはっきりと分からずに、私に対して「麻生太郎を呪ってはいけない」などと言って批判してくるバカな人がいます。

そのような人も「麻生太郎」と一緒に滅亡することは目に見えています。

キリストはこの世の全ての悪を滅ぼすために来たからです。

私はあくまで「麻生太郎が行った悪の報いを、彼自身が受けるように祈りましょう」と言っているのです。

RAPT | RAPT有料記事150(2017年2月27日)あなたたちが聖書の預言を実現する人たちだ。善と悪をしっかりと裂きなさい。

➖➖➖➖➖➖➖ここまで

善と悪を完全に裂く

サタンの滅亡

悪人たちの滅びを祈る