神様の御心を実践する方法

神様の御心とは何か?中心者のraptさんが教えてくれました。since:2017/04/10

悪魔の誘惑

悪魔は信仰を奪いに

必ずやって来ます。

 

その誘惑を

祈りで断ち切る

 

RAPT | 悪魔に打ち勝ち、自分の心身を守る方法。祈って聖霊を受けることが、悪魔を滅ぼす最大の鍵です。

 

 何しろ、彼らは史上最大の詐欺師たちの集団です。なので、甘く思って彼らにかかっていくと、簡単に罠にはめられ、ころりと騙されてしまいます。

はっきりと言わせてもらえば、今までこの世のカラクリをすべて完全に暴く人が一人も出てこなかったのは、ここに最大の原因があると私は思っています。

この世のカラクリを暴いて書籍やネット等でそれを発表しても、その人がすぐに何かしら悪魔の攻撃にやられてしまい、それ以上、活動できなくなるよう道を閉ざされてしまうのです。

また、何か大きな志をもった政治家や企業家が、すぐに挫折したり、道を踏み誤ったりしてしまうのも、同じくここに最大の原因があると私は考えています。

で、昨日も話しましたが、悪魔の攻撃にも実に様々な種類があります。

RAPT | 悪魔に打ち勝ち、自分の心身を守る方法。祈って聖霊を受けることが、悪魔を滅ぼす最大の鍵です。

raptさんのブログより

rapt(中心者)さんを祈りで支える

第二の御心が完了するのうに

rapt(中心者)さんを祈りで支える。

 

RAPT | RAPT有料記事182(2017年6月19日)なぜ主の遣わした中心者は、いつも十字架の道を行ってしまうのか。

神様がこのように私たちに厳しい御言葉を宣布されるのは、神様がご自身の歴史を失敗に終わらせたくないという強い願いがあるからこそです。

そして、私たち人類が真に救われて、真に受けるべき祝福を受けてほしいと願っているからこそです。

つまり、これら全ての御言葉はどこまでも私たちのためなのです。

そのことをはっきりと分かって、今回の御言葉を聞いて深く悟り、神様の歴史を失敗に終わらせるのではなく、成功へと導く皆さんになることを強く願います。

RAPT | RAPT有料記事182(2017年6月19日)なぜ主の遣わした中心者は、いつも十字架の道を行ってしまうのか。

raptさんのブログより

 

第二の御心が成されるかどうかは義人の信仰次第

とても重要な時です。

第二の御心も義人の信仰次第です。

 

2000年前のぺテロの過ちを

再び犯してはならない。

 

RAPT | RAPT有料記事182(2017年6月19日)なぜ主の遣わした中心者は、いつも十字架の道を行ってしまうのか。

前回、二人目の「レビ人」として任命された人の過ちを通して、主が厳しい裁きの御言葉を宣布されました。

しかし、これは単にこの「レビ人」だけに該当する御言葉ではないことは、前回の御言葉を聞いた方ならすぐに分かったはずです。

神様は、主を信じている義人たちがどのような霊的な状況にあるのか、常に炎のような目で見ていらっしゃいます。

そして、そんな霊的な状況をすべて見通した上で、神様はこれから主の歴史がどのようになるのか、成功に終わるのか、失敗に終わるのかを見通されます。

そして、成功しそうであるなら、神様は私たちに祝福の御言葉を伝え、失敗しそうであるなら、裁きの御言葉を宣布されます。

これは今までもそうでしたし、これからも変わることはありません。

そして、今回もこれまでにないぐらい厳しい裁きの御言葉が宣布されました。

しかし、神様がこのように私たちに厳しい御言葉を宣布されるのは、神様がご自身の歴史を失敗に終わらせたくないという強い願いがあるからこそです。

そして、私たち人類が真に救われて、真に受けるべき祝福を受けてほしいと願っているからこそです。

つまり、これら全ての御言葉はどこまでも私たちのためなのです。

そのことをはっきりと分かって、今回の御言葉を聞いて深く悟り、神様の歴史を失敗に終わらせるのではなく、成功へと導く皆さんになることを強く願います。

RAPT | RAPT有料記事182(2017年6月19日)なぜ主の遣わした中心者は、いつも十字架の道を行ってしまうのか。

raptさんのブログより

神様からの最後通告

2000年前の

ぺテロの過ちをを

犯そうとしている。

 

raptさんを祈りで

支えなければ

すべてが終わる。

 

残りの1を捨てなければ

すべてが終わる。

 

RAPT | RAPT有料記事182(2017年6月19日)なぜ主の遣わした中心者は、いつも十字架の道を行ってしまうのか。

神様は、主を信じている義人たちがどのような霊的な状況にあるのか、常に炎のような目で見ていらっしゃいます。

そして、そんな霊的な状況をすべて見通した上で、神様はこれから主の歴史がどのようになるのか、成功に終わるのか、失敗に終わるのかを見通されます。

そして、成功しそうであるなら、神様は私たちに祝福の御言葉を伝え、失敗しそうであるなら、裁きの御言葉を宣布されます。

RAPT | RAPT有料記事182(2017年6月19日)なぜ主の遣わした中心者は、いつも十字架の道を行ってしまうのか。

raptさんのブログより

神様は、主を信じている義人たちがどのような霊的な状況にあるのか、常に炎のような目で見ていらっしゃいます

新しい御言葉が

届きました。

 

厳しい御言葉です。

 

RAPT | RAPT有料記事182(2017年6月19日)なぜ主の遣わした中心者は、いつも十字架の道を行ってしまうのか。

 

 前回、二人目の「レビ人」として任命された人の過ちを通して、主が厳しい裁きの御言葉を宣布されました。

しかし、これは単にこの「レビ人」だけに該当する御言葉ではないことは、前回の御言葉を聞いた方ならすぐに分かったはずです。

神様は、主を信じている義人たちがどのような霊的な状況にあるのか、常に炎のような目で見ていらっしゃいます。

そして、そんな霊的な状況をすべて見通した上で、神様はこれから主の歴史がどのようになるのか、成功に終わるのか、失敗に終わるのかを見通されます。

そして、成功しそうであるなら、神様は私たちに祝福の御言葉を伝え、失敗しそうであるなら、裁きの御言葉を宣布されます。

これは今までもそうでしたし、これからも変わることはありません。

そして、今回もこれまでにないぐらい厳しい裁きの御言葉が宣布されました。

しかし、神様がこのように私たちに厳しい御言葉を宣布されるのは、神様がご自身の歴史を失敗に終わらせたくないという強い願いがあるからこそです。

そして、私たち人類が真に救われて、真に受けるべき祝福を受けてほしいと願っているからこそです。

つまり、これら全ての御言葉はどこまでも私たちのためなのです。

そのことをはっきりと分かって、今回の御言葉を聞いて深く悟り、神様の歴史を失敗に終わらせるのではなく、成功へと導く皆さんになることを強く願います。

RAPT | RAPT有料記事182(2017年6月19日)なぜ主の遣わした中心者は、いつも十字架の道を行ってしまうのか。

raptさんのブログより

神様を信じて愛して生きていくならば、どんな苦労も努力も無駄になることはありません

どんなに努力しても

うまくいかないことがあります。

 

やってもやっても

報われない

 

しかし、神様を信じて生きるなら

最後は報われます。

 

RAPT | RAPT有料記事19(2015年10月26日 )神様の下ではどんな努力も苦労も無駄にはならない。

この世の中では、どんなに努力しても全く報われず、すべてが水の泡になることがたくさんあります。

しかも、そのように何事もうまくいかなかった人は「不運な人」と言われたり、「負け組」と言われたりして、この世から後ろ指をさされることがあります。

場合によっては激しく落胆し、生きること自体が辛くなってしまう人もいるかも知れません。

しかし、神様を信じて愛して生きていくならば、どんな苦労も努力も無駄になることはありません。

例え一時的にうまくいかないことがあったとしても、すべての努力は必ず何らかの形で結実します。

これは単なる気休めの言葉ではありません。

今回の対談を聞いていただければ、その法則がはっきりと理解できるはずです。

 

RAPT | RAPT有料記事19(2015年10月26日 )神様の下ではどんな努力も苦労も無駄にはならない。

 raptさんのブログより

 

 

 

サタンの妨害工作 ご注意下さい

サタンも最後のあがきで

あの手この手で妨害工作をしています。

 

 神様の裁きが

ありますように

 

RAPT | 〈お知らせ〉悪質ななりすましRAPTブログが次々と誕生しています。ご注意ください。

 

 悪質ななりすましRAPTブログが、この世に次々と誕生しているようです。

RAPTブログはこのブログだけですので、騙されないようにご注意ください。

他は全て偽物です。

RAPT | 〈お知らせ〉悪質ななりすましRAPTブログが次々と誕生しています。ご注意ください。

raptさんのブログより